ビジョン

一生愛されるサプリメントブランドになる!

経営者の思い

サプリメントの起源は16世紀から18世紀にかけての大航海時代にあると言われています。
当時は長旅による劣悪な食生活環境のため、多くの船員たちが「アスコルビン酸(ビタミンC)」欠乏が原因で引き起こされる「壊血病」により命を落としていました。

その後、原因が明らかになりビタミンCの豊富な「新鮮な野菜や果物」を積極的に摂るようにしたところ壊血病患者は激減します。

アスコルビン酸が、ア(否定する)スコルビ(壊血病)を語源としているように、病気、つまり「死」から自分を守るためには「新鮮な野菜や果物」を摂らなければならないという強い意志が「サプリメント」の概念を生んだのです。

現代の日本では普通の生活を送っている分には壊血病にはなりません。
その代わり、健康維持という目的で多種多様なサプリメントが溢れています。

「死への対抗」から「健康維持」へとサプリメントの必要性が進化したとも言えます。

私達は「健康維持」より一歩先の「10年後今よりも健康に」をテーマに国内外の最先端のGMP認定工場から、皆様に本当に必要なものを10年後、20年後、そして一生お届けできるブランドになります。

創業間もない生まれたばかりの会社ですが、皆様に愛されるブランドになるよう一歩一歩着実に前に進んでまいります。

代表取締役社長 中島賢一朗

Kenichiro Nakashima

Profile

  • 1980年 広島県生まれ
  • 2003年 立命館大学卒業
  • 2009年 ㈱バイタルケアーズに入社。営業、経営企画、ブランドマネージャーを経験後、2014年代表取締役に就任。
  • 2014年 ACQUA株式会社を創業し、代表取締役に就任。

page top